job offers

経験は必要か

ドライバー経験がないと不利なのか

タクシードライバーは、異業種から転職する人が多いです。前職は人によって違いますので、実に様々な人がいることでしょう。ある意味特殊な職業であると言えます。そのために、求人面接でのポイントがわかりづらいのです。 車の運転をするのですから、トラック運転手など、ドライバー経験があると有利だと思うかもしれません。しかし、ドライバー経験自体は面接において不利にはならないのだとか。最近のタクシー会社は研修制度を設けているので、安心なのです。 重要なのは、求人面接にて仕事に対する意欲を面接官にアピールできるか、というところでしょう。また、タクシードライバーは接客業です。人当たりの良さや正しい敬語の使い方なども重要となります。

面接での質問について

求人票には書かれていないことを質問したい。このようなことは、誰にでもありますね。 タクシードライバーに限ったことではないですが、求人面接の際に質問をする場合、注意が必要です。まず、面接官の話をさえぎって質問をしてはいけないということです。相手が話している最中に話し出すのは、失礼なことです。面接が一通り終わってから、質問の時間を設けてくれることも多いはずです。なので、そのタイミングで質問をしましょう。 給与や有給休暇、福利厚生について知りたい。しかし、踏み込んだ内容の質問は悪い印象を与えるのではないか。こういった心配をする人もいるはずです。しかし、これらは働く上で誰しもが知りたいと思うことです。これらの質問を求人面接でしたからといって、不利になることはないでしょう。

Copyright © 2015 建築業界でスキルを磨く|求人情報を隈なくチェック All Rights Reserved. http://f-tpl.com